Trip to INDIA

インドツアー2020~乳井真介と行くはじめてのインド・ヨガの旅

 

ヨガを始めてインドに興味がわいてきたけど、一人で行くのはちょっと怖い。インド経験が豊富なガイドと一緒に安心してインドに足を踏み入れたい。このツアーはそんな方のためのツアーです。インドへの一人旅は常に危険がつきものです。慣れない旅のストレスの中、食べ物一つで体調を崩してしまう事もしばしばです。特に英語がうまく話せない女性がはじめて一人でインドを訪れる不安はつきないことでしょう。このツアーではそんな不安を払拭し、インドデビューを果たしたい方を全力で応援します。

ツアーではヨガの聖地リシケシの他、ヒマラヤの奥地にある自然豊かな田舎町ルドラプラヤグを訪れます。ヒマラヤ山脈を望む大自然の中でのトレッキングや、日本人がなかなか訪れることのない歴史あるヒンズー教寺院の参拝、聖地におけるガンジス川での沐浴や本場インドのヨガアシュラムにおけるヨガ体験など、短期間ながら、たっぷりとインドの魅力を味わっていただける密度の濃いスケジュールになっています。

こんな方にお勧めのツアーです

1.インド旅行がはじめてで、一人でインドに行くのは不安な方
2.ガイドがいても個人旅行だと不安な方
3.短期間でインド旅行の醍醐味を味わいたい方
4.ヨガインストラクターとして、経験値を上げたい方

主催:スカイエフ・ワールド 東京都知事登録旅行業第三種―5058号

旅程表 

2020年6月22日(月)~6月28日(日) 7日間(6泊7日)
1日目 6月22日(月)

11:15 成田空港発 デリー(AI307)へ
17:00 デリー到着 ローカルレストランにて食事後 ホテルへ
デリー泊
食事:機内食、夕食

2日目 6月23日(火)

早朝  乗用車にて空港へ  
    デリー発 デラードンへ (国内線)
午前  デラードン到着後、ルドラプラヤグへ
午後  フリー(ルドラプラヤグ散策など)  
ルドラプラヤグ泊
食事:朝食、昼食、夕食

3日目 6月24日(水)

午前~午後 カルティクスワミ寺院へのトレッキング(6時間)
ルドラプラヤグ泊
食事:朝食、昼食、夕食

4日目 6月24日(木)

午前 リシケシへ移動
午後 リシケシ到着後フリー(ヨガクラス受講など)
*希望者には乳井真介がリシケシの見どころをご案内します
リシケシ泊

5日目 6月24日(金)

終日フリー(ヨガクラス受講など)
*希望者はガンジス河をバックにプロフィール写真撮影
*希望者はハリドワール(車で1時間)へ。アラティ(火を使ったヒンドゥー教の儀式)見学、ガンジス河での沐浴などが可能
リシケシ泊

6日目 6月25日(土)

早朝 専用車にてデリーへ。デリー到着後フリー。おみやげの購入など、出発までデリー観光をお楽しみください。
21:15 空路成田空港へ(AI306)
機内泊

7日目 6月26日(日)

8:45 成田空港到着

ソース画像を表示
聖地におけるガンジス川での沐浴は一生の罪を洗い流すと言われています。

ソース画像を表示
リシケシでは、現地ヨガアシュラムでのヨガレッスンも体験できます。


このツアーで訪れる場所の周辺図です。

旅のガイド


乳井真介(渡印回数12回)
プロフィールの詳細はこちら

メッセージ

「インドに行ってみたい。そんな多くのインド初心者のみなさんのご要望にお応えして今回もツアーを組むことを決定しました。ぜひ勇気を持ってこのツアーでインドデビューを果たしてください。きっとこれまでの人生観が大きく変わるはずです。この旅をご一緒できるのを楽しみにしています!」

*乳井真介の他に日本語が堪能な現地インド人ガイドが付きます。

ツアーに参加する上での注意事項

1.聖地を巡礼するヨガのツアーとなりますので、ツアー中の飲酒、喫煙はご遠慮ください。
2.ツアーには合計6時間のトレッキングが含まれます。普段負荷のかかる運動に慣れていない方は、ツアーまでに体力を強化しておいてください。
3.  ツアー中に生じた体調不良の治療・入院などの医療費はすべて自己負担となります。必ず任意保険にご加入ください。
4.フライトの遅延、天候不良など、やむを得ない事情により旅程が変更となる場合がございます。ご了承ください。

定員

12名(最少催行人数6名)

参加費

24万8千円 

*他に空港施設使用料3610円、燃油サーチャーージ18,600円、インドビザ取得費用、任意旅行保険加入料がかかります。
*基本的に2人一組の相部屋となります。一人部屋をご希望の場合41,000円追加となります。

キャンセル料 

ツアー開始30日前から15日前 20%
ツアー開始15日前から前前日 50%
ツアー開始前日以降 100% 

申込み期限

第一次募集締切 2020年1月31日(金)
*ただし、定員になり次第申し込みを締め切ります。

FAQ

Q:通訳はつきますか?
A:専門の通訳はつきませんが、日本語を話せるガイドが旅路をご案内します。

Q:インドがはじめてで英語も出来ませんが、大丈夫でしょうか?
A:はい、このツアーはインドがはじめてで英語が出来ない方向けのツアーです。インド旅行のイロハを丁寧にお伝えいたしますので、どうぞご安心ください。

Q:体調を崩すことはありませんか?
A:宿泊先や食事においては衛生管理を徹底しておりますが、暑さや旅の疲れ、ストレスなどが原因で体調を崩すことは考えられます。どうしても心配な方は参加をご遠慮ください。
*ツアー中の体調管理は自己責任となり、体調不良時の医療費は自己負担となります。必ず任意保険にご加入ください。

 

仮申し込みはこちら
*仮申し込み後、本申し込み用の詳細なご案内をお送りいたします。本申し込み完了後、正式な申し込みとなります。

 

 

乳井真介と行くインド・ゴームク聖地巡礼10日間の旅  

 

ヨガを始めてインドに興味がわいてきたが、一人で行くのはちょっと怖い。せっかく行くのなら他の人が行かないようなディープな場所に行ってみたい。そんなヨガを心から愛する渡印希望者のためのインドツアーの開催が決定しました。今回の旅ではヨガの聖地リシケシ、ガンジス川の上流域にある秘境ウッタルカシーとガンゴートリー、そしてガンジス川の源流であり、古来ヒマラヤのヨガ行者たちがヨガ修行の場としてあがめている究極の聖地、ゴームクをご案内します。旅をガイドするのは渡印回数10回、インド旅行の酸いも甘いも体験しつくしたリラヨガ・インスティテュート代表の乳井真介。さらに現地インド人ガイドも加えた万全の体制でみなさんを個人旅行では足を踏み入れることの難しいヨガのパワースポットへご案内します。ガイドなしで自由にインド旅行を楽しみたい。そんな方のために、リシケシとデリーではフリータイムもたっぷり設けました。オプションでインドが世界に誇る世界遺産タージマハルを観光することも可能です。インドが初めての方も安心してインド旅行の真髄を味わって頂けるスペシャルプログラムです。ぜひこの機会をお見逃しなく。

旅のガイド、乳井真介からのメッセージ

shinprof2svs

「今回、株式会社スカイエフワールドの協力の下、約10年ぶりにインドツアーを開催することになりました。まずはヨガの聖地と言われるリシケシでフリータイムを使ってたっぷりとヨガに浸ってください。リシケシは私が人生で初めてヨガに触れた場所であり、私にとっては“心のふるさと”とも言える場所です。今回再びこの地をみなさんにご紹介できることをとても嬉しく思っています。リシケシにはインド中から“サードゥー”と呼ばれるヨガの修行者たちが集まり、様々な種類のヨガを学ぶことができます。アーサナ、呼吸法、瞑想など、本場インドのヨガやアーユル・ヴェーダを体験することは、ツアーに参加されるみなさまにとってこれまでのヨガプラクティスのあり方を見つめ直すとてもいい機会になるはずです。また何より素晴らしいのはガンジス川のもつ川の力です。川のそばで足を組んで、その流れをただ眺めるだけで、あっという間に悠久の時と一体化して一日が過ぎていくことでしょう。希望者には私のお気に入りの瞑想スポットやカフェ、ビートルズが滞在していたマハリシ・マヘーシュ・ヨギのアシュラムなどをご案内いたします。

リシケシで本場インドのヨガを体験した後は、専用車に乗って一気にガンジス川の上流に向かいます。ここからがこの旅の本番です。リシケシより上流域はガイドブックの情報も少なく、道もあまり良くないため、個人旅行で訪れるのは大変です。しかし、その分観光客も少なく、リシケシでは味わえない聖地ならではのすがすがしさと神聖さを味わうことができます。今回のツアーの最大の見どころ、ガンジス川の源流であるゴームクは標高4,000メートルほどのヒマラヤ山中の高地にある秘境中の秘境です。一滴浴びれば一生の罪が償われると言われるガンジス川の原点は、世界的に見ても非常に稀なパワースポットであり、ヨガを真面目に修行する者ならぜひ一度は訪れておきたいヨガのメッカです。日本での様々な雑事を忘れ、自然に深い瞑想状態に入れること間違いなしです。

今回訪れるのはどこもヒンドゥー教徒たちの聖地です。大人数でがやがやと訪れるような場所ではないので、定員には制限を設けさせていただきました。今回のツアーはきっとみなさまのヨガ人生を大きく変容させ、一生の思い出になるはずです。また、ヨガの原点に接する経験はヨガ指導を行う上でのゆるぎない自身と箔を与えてくれることでしょう。みなさまとこのスピリチュアル・ジャーニーを共にできることを楽しみにしています。」

 

me_627_rishikesh123

日程表 6月17日(土)~6月26日(月)10日間(9泊10日)

1日目 6月17日(土)
11:30 空路デリーへ
18:00 デリー到着 ローカルレストランにて食事後 ホテルへ
デリー泊
食事:夕食

2日目 6月18日(日)
6:45 列車にてハリドワールへ 
11:25 到着後ローカルレストランにて食事。ガンジス川にて沐浴
午後 専用車にてリシケシへ
午後 リシケシ到着 ヨガアシュラム(ヨガニケタンもしくはアーナンダ・プラカシュ)のゲストハウスへ
リシケシ泊
食事:朝食、昼食、夕食

3日目 6月19日(月)
終日フリータイム
アーサナ、呼吸法、瞑想などのヨガプログラムに参加
マハリシ・マヘーシュ・ヨギ・アシュラム、アーユルヴェーダカフェなどをご案内(希望者のみ)
リシケシ泊
食事:朝食、昼食、夕食

4日目 6月20日(火)
終日フリータイム 
アーサナ、呼吸法、瞑想などのヨガプログラムに参加
リシケシ泊
食事:朝食、昼食、夕食

5日目 6月21日(水)
午前 フリータイム(ヨガ、おみやげの購入など)
午後 専用車にてウッタルカシーへ移動
ウッタルカシー泊
食事:朝食、昼食、夕食

6日目 6月22日(木)
早朝 乳井真介によるヨガ
   専用車にてガングナニへ 温泉沐浴* *渋滞等の事情で沐浴できない場合あり
午前 専用車にてガングナニからガンゴートリへ移動
午後 トレッキングにてボージュバーサ(標高4,000メートル)ヘ(6時間)
ボージュバーサ泊
食事:朝食、昼食、夕食

7日目 6月23日(金)
早朝 乳井真介によるヨガ
午前 トレッキングにてゴームクヘ(2時間)
   ゴームクにて瞑想、沐浴
午後 トレッキングにてボージュバーサを経てガンゴートリへ(8時間) 
ガンゴートリ泊
食事:朝食、昼食、夕食     

8日目 6月24日(土)
早朝 乳井真介によるヨガ
   専用車にてハリドワールへ(10時間)
夜  列車にてデリーへ 到着後ホテルへ
デリー泊
食事:朝食、昼食、夕食

9日目 6月25日(日)
夕方までフリータイム
*有料オプション アグラ観光(アグラ城、タージマハル)
*有料オプション アーユルヴェーダトリートメント
*有料オプション デリー観光
21:10 空路成田空港へ
機内泊
食事:朝食、昼食、機内食

10日目 6月26日(月
8:00  成田空港到着 解散

*乳井真介のほかに現地インド人ガイドがみなさまをご案内します。
*今回は聖地巡礼の旅ですので、旅行中の食事はすべてベジタリアンミールとなります。お酒も飲めません。ご了承ください。
*プログラムには標高3千~4千メートル地点での長時間のトレッキングが含まれます。体力に自信のない方のご参加はご遠慮ください。
*参加者全員に任意保険(1万円程度)に加入していただきます。

定員:12名(最少催行人数6名)

参加費: 一般 31万9千円 プレミアム会員 29万9千円

*他に空港施設使用料、空港保険料、インドビザ取得費用、任意旅行保険加入料がかかります。
*一人部屋をご希望の場合3万1千円追加となります。

主催:スカイエフ・ワールド 東京都知事登録旅行業第三種―5058号

申込み期限:2017年4月20日 *募集を締め切りました。 

 

FAQ 

Q:6日目、7日目に高所でのトレッキングがありますが、どれくらいハードでしょうか?

A:富士山に登るのと同じ程度の負荷になります。心配な方は低酸素トレーニングを事前に受けていただくことをお勧めします。MIURA DORPHINSの詳細はこちら

Q:6日目の宿泊はどのような場所で行うのでしょうか?

A:ボージュバーサには簡素なアシュラムがあり、毛布と食事が提供されます。寝袋などは必要ありません。日本の山小屋のようなイメージです。

Q:気候はどのような感じですか?

A:6月のリシケシは雨期の直前であり、最高気温は35℃から40℃、最低気温は25℃程度です。ガンゴートリー、ゴームクはリシケシよりも20℃ほど気温が低くなります。詳細はこちら

Q:水は大丈夫ですか?

A:ペットボトルのミネラルウォーターが手軽に手に入り、安全です。

Q:インドビザの取得は大変ですか?
A:インド大使館で簡単に取得できます。時間が取れる方はご自分で取得することをお勧めします。

PAGE TOP