緊急公開動画

こんにちは。リラヨガ・インスティテュート ディレクターの乳井真介(にゅういしんすけ)です。

普段、私はSNSやブログ、メディアなどに積極的に露出し、表に出ることは好まない性格です。しかし、今回新型コロナウイルスの蔓延によって社会全体が大きく混乱し、多くの方の心が負のベクトルの方へと乱れている緊急事態であることを踏まえ、これまで20年以上にわたりヨガの叡智を学んできた私に何かできることはないかと考えた末に、「免疫力を高める」、「ポジティブシンキングの重要性」、「死を見つめることの意味」という三つの見地からブログを通して情報を発信してきました。これらのブログでは通常、深い信頼関係を築いた当校のティーチャートレーニングの受講生にしかしないような、かなり突っ込んだヨガの死生観の話題にも触れています。

ブログ『免疫力は最強のワクチン』を読む
ブログ『ポジティブの種子』を読む
ブログ『死を見つめる練習』を読む

今回緊急にどうしてもみなさんにお伝えしたいことがあり、急遽追加のブログを執筆しました。

現在多くのみなさんが気になっているのは、5月6日までとされている政府の緊急事態宣言が今後どのような方向に向かうのかということだと思います。私の予想では、5月7日以降、多少の延長はあるにしろ、政府はコロナウイルスの完全な収束を待たずに経済活動の自粛を緩和するはずです。なぜなら、このまま外出の自粛を続ければ、日本経済が破綻し、日本中に大量の失業者があふれてしまうからです。一カ月、せいぜい二ヶ月程度であれば国からの助成金や緊急融資によってなんとか持ちこたえることができる中小企業や店舗も、自粛が3か月、ましてや半年も続けば、そのほとんどが雇用を維持することはおろか、存続すら危うくなってしまいます。失業によって多くの人が経済的に困窮すれば、そのストレスによって大量の鬱や自殺、児童への虐待やネグレクト、DVが世にはびこるようになるでしょう。空き巣や強盗などの犯罪の増加も避けられません。すでに都内でも最も治安の良いとされる街の一つである自由が丘でも空き巣の被害が急増していることが報告されています。水面下で急増しているであろう児童虐待やDVの存在を思うと胸が痛くなるばかりです。新型コロナウイルスによる死者数は現在のところ200名を少し超える程度ですが、外出自粛による経済的困窮によってそれをはるかに凌駕する自殺者とその予備軍が形成されてしまうのです。今年は経済的な困窮を理由に自殺をする方が過去最高を更新するのは間違いないでしょう。

新型コロナウイルスによって亡くなる方を取るか、経済的困窮で亡くなる方をとるか。日本政府は今、その究極の選択を迫られています。今後政府は経済的な自粛を緩和し、医療崩壊をも前提としたコロナウイルスの蔓延を許容する方針を取らざるを得なくなることでしょう。なぜなら、経済をストップさせ続けるるよりもそちらのほうがまだ”マシ”だからです。現にドイツではすでにコロナ規制の緩和を行い始めています。ドイツの現在のコロナウイルスの感染者数は約15万人、死者数は約5000人と日本の約25倍で、収束には程遠い状態ですが、物理学の博士号を持ち、欧州の名だたる首相の中でも最も理性的で冷静な判断力を備えたメルケル首相が、現在の自国と世界的なコロナウイルスの蔓延を踏まえた上で、商店などの営業再開を認めようとしているのです。また、アメリカではすでにロックダウン反対のデモが各地で起こり始めています。コロナで重症化するのはほとんどが高齢者ですが、その高齢者を守るために、重症化率がほとんどない現役世代の経済活動が圧迫され、苦しむのはおかしいじゃないか、そんな風潮が広がりつつあります。今外出の自粛を叫び続けている日本人の多くも、このまま経済がストップし、真綿で首を絞められるような状態で多くの友人知人たちが経済的に困窮していく様を見れば、手のひらを返したように自粛の解除を切に望むようになるはずです。

ドイツのコロナ規制緩和の記事を読む

最近になって、集団免疫という考えが広がってきましたが、これは全集団の7割程度がウイルスに対する免疫を手に入れれば、免疫を手に入れた人が感染拡大の壁になりウイルスの拡大は終息していくという考えです。今後多くの国が、経済活動を回すためにドイツと同じようにコロナウイルスに対する規制を緩和し、この集団免疫の考え方を許容していくことでしょう。これはある意味、免疫機能が低下した方への死刑宣告のようなものです。適者生存という言葉がある通り、生物界では生命力が低下した個体は淘汰されていくというのが習わしですが、政府が集団免疫の考え方を採用すれば、まさに生物界で起きている自然淘汰の法則が人間にも適用されることになります。そして、その死刑宣告は早くて数週間後、遅くても数ヶ月後、まだコロナウイルスの蔓延が十分に収束しないうちにやってくる可能性が高いのです。

このような状況の中で今私たちにできることはただ一つです。それは集団免疫に備えて自己の免疫力を最大限に高めておくことです。繰り返すようですが、免疫機能さえしっかりと高めておけば、コロナウイルスに感染しても重症化したり死亡したりする確率は格段に低くなります。実際のところ、90歳を過ぎても重症化することなく早期に回復して免疫を獲得しているお年寄りはたくさんいらっしゃいます。免疫機能を高めれば自らの命が助かることがわかっていながら、この自粛期間中に免疫力向上のために何一つ取り組まずにコロナウイルスに感染し、重症化したのなら、甘いものを食べれば虫歯になることがわかっていながらお菓子を食べ続け、虫歯になる子供と同じで、自己責任と言わざるを得ないでしょう。

こちらのブログでもご紹介しましたが、免疫機能を高めるためには、生命力を高める食事を取ること、質の高い睡眠を取ること、ストレスを溜めないこと、深い呼吸をすること、適切な運動をすることの5つが重要です。これら5つのうち一つでもうまく実践できていないと、免疫力は一気に落ちてしまいかねません。肉、アルコール、タバコといった免疫機能を低下させる食品を避け、フルーツや野菜、ナッツや玄米などを積極的に摂取すること、寝る直前はスマホやパソコンのブルーライトを浴びることを避け、お気に入りのアロマなどを使い深い睡眠に入ること、時間がある時は不安を煽るマスコミのネガティブな報道ではなく、幾つもの困難を乗り越えて成功を成し遂げた偉人たちの本に目を通すこと。これらは今すぐにでも取り組める免疫力アップのための方策です。

さらに、深い呼吸と適切な運動を今すぐご自分で行えるようになっていただくために、これまで数十万円する当校のティーチャートレーニングの受講生にだけ特典でお渡ししていた、2時間半にわたるレッスン動画を今回無料でみなさんに公開することにしました。この動画は数年前に100万円ほどの製作費をかけて制作したDVD用の動画で、4,200円で販売していたものです(現在は非売品)。この動画レッスンを視聴すれば、深いヨガ式の呼吸の行い方をはじめ、42種類に及ぶヨガの基本アーサナの行い方がご自宅にいながら的確に実践できるようになるはずです。正直なところ、この動画を無料公開することには迷いもありました。現在、多くのヨガスタジオ、ヨガインストラクターの皆さんがオンラインで有料のレッスンを行なっている中で、それよりもはるかに詳細なリードを受けられる動画を無料で公開してしまえば、迷惑がかかってしまうかもしれませんし、これまで高額の授業料を払ってこの動画を手に入れていただいた当校の受講生たちに申し訳ないという気持ちもあります。しかし、事態は急を要します。緊急事態宣言が解除されるまでに、なるべく多くの日本人の免疫機能を高めることが一人でも多くの人の命を救うことにつながるのであれば、やはり無料で公開するのが一番であるという結論に達しました。時間はもうそれほど多くは残されていません。現在のご自分の免疫機能に不安がある方はもちろんですが、ご家族やご友人に持病があったり、免疫機能の低下が心配される方がいらっしゃる方は、ぜひ今すぐこの動画の存在を拡散してください。この動画のごく一部、たった一つのポーズをきちんと実践するだけでも、免疫機能を大幅に高めることが可能となります。

医療従事者の皆さまが今必死に医療崩壊を食い止めようと、連日過酷な現場で頑張ってらっしゃる中、このようなことしかできない自分が歯痒くて仕方がありませんが、ヨガの力を使い、免疫機能が高まった方を一人でも増やすことができれば、医療機関に駆け込む人の人数を少しでも減らすことができると願っています。新型コロナウイルス収束の鍵を握っているのはこの自粛期間中の私たち一人一人の行動のあり方です。「STAY HOME!」と声高に叫ぶだけでは不十分です。たとえ外出を控えても、ゲームやくだらない動画の視聴に時間をつぶしたり、政権批判をしたり、無闇に死におびえてばかりいても何も始まりません。私たち一人一人が自分自身の生命力とは、真の健康の秘訣は何なのかを真摯に考え、免疫力を最大限に高めるための猶予期間として、この外出自粛期間が与えられています。日本人全員がヨガのプラクティスを生活の中に取り入れることで、世界的に見ても類を見ない免疫機能を手に入れ、いつの日かコロナウイルスとの戦いを武勇伝として語れる日が必ずやって来ることを私は信じています。まだヨガをしたことがない方は今こそヨガを始める時なのです。その準備はすべて整っています。一緒に古代インドの賢者たちが残したヨガの叡智を駆使して、新型コロナウイルスという大津波を乗り越えようじゃないですか!

私が幸せでありますように。
私の親しい人が幸せでありますように。
生きとし生ける全てのものが幸せでありますように。

期間限定緊急公開動画のご視聴はこちらよりどうぞ
*コロナウイルスの蔓延が収束し次第、公開を中止します。

乳井真介

関連記事

PAGE TOP