坂東イッキ先生ワークショップのご報告

こんにちは!リラヨガインストラクター兼受付スタッフの川上由佳理です。
12月1日、2日に行われた坂東イッキ先生と我らが乳井真介先生(真先生)による奇跡のコラボレーションWSのご報告です。

坂東イッキ先生は、インド・リシュケシの高名なヨギ、Br. Rudara 氏に師事。同師の元に16年間通い詰め、B.K.Sアイアンガーヨガシステムを徹底的に習得。2005年、「ヴァイクンタヨガ沖縄」を設立。現在は沖縄に住んでいらっしゃいます。真先生とは共通の生徒さんを介して知り合いになり、お互いのヨガ観に意気投合して今回のワークショップが実現しました。

12月2日のクラスが一瞬で満員になったため急遽追加開催された12月1日早朝の『SADHANA/サダナ』クラスでは、一言で言うと自分の身体を全然把握出来ていなかった…と痛感しました(T_T)

出来ていると思っていたアーサナが出来ていなかった、足を踏み込めていると思っていたけれど、全然踏み込めていなかった、などなど。身体の筋肉をいかに繊細に感じながら、動作を1つ1つ丁寧に意識しながら連動し動かすのか…。私は今回アイアンガーヨガのレッスンは初めてでしたが、なんて微細に動かしていくんだろうと感動しました!
このブログのように、言葉にして思ったこと感じたことを書くのは簡単ですが、実際自分の身体をいざ使ってやろうとするとめちゃくちゃ難しいんですよ〰!(/´△`\)

身体が思うように動かない…笑 そのために、アイアンガーヨガではブロックやベルトを使います。今回はブロックを使い、まずヴィーラバドラアーサナⅡを深めていきました。私のヨガ歴はまだまだ浅く身体の柔軟性や筋力不足もあります。今まで真先生が教えてくださった解剖学の知識、アーサナの身体の使い方。その土台があってこそのイッキ先生の身体の筋肉の動かし方!なんてヨガは深いのでしょう…深すぎて溺れそうです。笑
次の日、身体が筋肉痛でバキバキになったのは言うまでもありません…。

10時からは坂東イッキ先生と乳井真介先生のコラボ企画!『ハタヨガ研究会』が行われました。

ヨガ歴はともに20年以上のお二人。お二人合わせると40数年のヨガ経験から、生徒一人一人の質問に丁寧に答えてくださいました!

笑いを交えながら進む質疑応答にみなさん、笑ったり感動したり。そして泣いてしまう方も…。20年以上ヨガインストラクターとして経験しているからこその答えがありました。私たちが、進んで行く道の先にすでにお二人はいて、今悩んでいること、ぶち当たっている壁を乗り越えてきている。ヨガインストラクターとしても人生の先輩としても、これから私たちがどう歩んでいくか…そのヒントになるようなエッセンスを頂いた気がします。

本当にヨガは素晴らしいと改めて思いそして、ヨガを学ぶ新米インストラクターとしてヨガを追求し続けていこう!とお二人の笑顔を見て決意したのでありました🎵


ワークショップ終了後の一枚。左からワークショップにいらした酒見俊介先生、坂東イッキ先生、ディレクターの真先生、シニアインストラクターの渡邊武智先生。

川上ゆかり

関連記事

PAGE TOP