Trip to INDIA

乳井真介と行くはじめての南インド~ヨガ&アーユルヴェーダ体験の旅

 

この旅行では、穏やかな気候とマイルドなインド料理をたっぷり堪能できる南インドで、本場インドの本格的なヨガと、リゾートスパでの極上のアーユルヴェーダマッサージを贅沢に体験していただきます。訪れるヨガのアシュラムはインドでも最大規模を誇る『シヴァナンダ・アシュラム』。深い森に囲まれた広大なアシュラムでの神秘的なヨガ体験は、訪れる者を自然と深い瞑想状態へと導くことでしょう。

本格的なヨガで自らの持つ潜在エネルギーを存分に開花させた後は、広大な湖の湖畔にたたずむリゾートスパ『アナンティヤ・リゾート』でゆっくりおくつろぎください。熟練した施術者によるアーユルヴェーダのマッサージは日頃の慌ただしさで疲れた心と身体を優しく癒してくれるはずです。また、このツアー限定の特別授業は、参加者一人一人に大きな気づきをもたらし、帰国後の人生のあり方を変容させるはずです。

ヨガを始めてインドに興味がわいてきたけど、一人で行くのはちょっと怖い。せっかくインドに行くのなら、他の人が行かないようなディープな場所でディープな体験をしてみたい。そんなインド初心者のためのツアーです。このツアーに参加すれば、南インドの温かい風があなたの人生の悩みをやさしく運んでいってくれることでしょう。

こんな方にお勧めのツアーです

5つ以上当てはまったらぜひお申し込みください!

1.インド旅行がはじめてで、一人でインドに行くのは不安な方
2.英語がうまく話せないので、ガイドがいても個人旅行だと不安な方
3.旅の仲間との交友関係を広げたい方
4.これまでの人生を見つめ直し、リフレッシュしたい方
5.ヨガインストラクターとして、経験値を上げたい方
6.心身を浄化し、しっかりデトックスしたい方
7.乳井真介のヨガのエッセンスを集中的に学びたい方

仮申し込みはこちら
*仮申し込み後、本申し込み用のご案内をお送りいたします。

 

関連画像

シヴァナンダアシュラム

シヴァナンダ・ヨガヴェーダーンタ・センターはスワミ・ヴィシュヌデヴァナンダによって 1957 年に設立された世界的なヨガセンターです。中心部は 1986 年に設立され、 3 つの大規模な美しいヨガホールを持っています。

ハタヨガとラージャヨガを組み合わせたシヴァナンダ・ヨガは、毎日のライフ スタイルに簡単に組み込むことができる 5 つの基本的な原則からなり、これがシヴァナンダ ヨガ ・ ヴェーダーンタ ・ センターの活動の基本となります。

シヴァナンダ・ヨガの 5原則

適切な運動 (アーサナ)
適切な呼吸 (呼吸法)
適切な緩和 (Savasana)
適切な食事 (菜食主義者)
肯定的な思考と瞑想 (ヴェーダーンタ ・ ディアナ)

「sivananda trivandrum」の画像検索結果
シヴァナンダアシュラムの詳細はこちら

アナンティヤリゾート

アナンティヤリゾートは、1000エーカーのゴムプランテーションの中にあり、静かで緑豊かな熱帯の隠れ家リゾートです。 アナンティヤリゾートはチッタル湖のほとりに位置しており、緑と青の色合いが見渡す限り広がった、絵にかいたような景色に包まれたリゾートでの滞在は、訪れる者に平和と静けさ、落ち着きを与えます。日本での疲れを癒し、人生の充電をするのにもってこいの場所です。

 

日程表 2019年1月19日(土)~1月26日(土) 8日間(7泊8日)

1日目 1月19日(土)

11:15 成田空港発 デリーへ
17:00 デリー到着 ローカルレストランにて食事後 ホテルへ
デリー泊
食事:機内食、夕食

2日目 1月20日(日)

早朝  乗用車にて空港へ  
    デリー発 トリヴァンドラムへ (国内線)
午前  トリヴァンドラム到着後、シヴァナンダアシュラムへ
シヴァナンダアシュラム泊
食事:朝食、昼食、夕食

3~5日目 1月21日(月)~1月23日(水)

終日フリータイム
アーサナ、カルマヨガ、瞑想などのヨガプログラムに参加

シヴァナンダアシュラムスケジュール

5:20 起床
6:00 瞑想
7:30 ティータイム
8:00 アーサナ
10:00 ブランチ
11:00 カルマヨガ
12:30 アーサナコーチング(オプション)
13:30 ティータイム
14:00 レクチャー
16:00 アーサナクラス
18:00 夕食
20:00 瞑想
22:00 消灯
*スケジュールは変更になる場合がございます。
*各プログラムへの参加は自由です。お好きなプログラムにご参加ください。
*すべてのプログラムは基本的に英語で行われます。通訳はつきませんが、必要に応じて乳井真介がガイドします。

シヴァナンダアシュラム泊
食事:朝食、昼食、夕食

6日目 1月24日(木)

午前 専用車にてアナンティアリゾートへ
アーユルヴェーダ施術体験(ボディマッサージ)

フリータイム
(アナンティアリゾート)トリヴァンドラム泊
食事:朝食、昼食、夕食    

7日目 1月25日(日)

早朝 専用車にてトリヴァンドラム空港へトリヴァンドラム発、デリーへ(国内線)
午後 専用車にてデリー市内観光(クトゥブミナール、インド門、ラージガードなど)デリー空港へ
21:15 デリー発、成田空港へ

機内泊
食事:朝食、昼食、機内食

8日目 1月26日(土)

8:45  成田空港到着 解散

*乳井真介のほかに現地インド人ガイドもみなさまをご案内します。
*インドの交通機関の遅延・欠航等の都合により日程が変更する場合もございますのでご了承ください。
*食事はすべてベジタリアンメニューとなります。ツアー中、お肉とアルコールは摂取できません。あらかじめご了承ください。

仮申し込みはこちら
*仮申し込み後、本申し込み用のご案内をお送りいたします。

 

乳井真介によるツアー参加者限定特別授業

ツアーの最中、4回にわたり、乳井真介がツアー参加者限定の特別授業を行います。乳井真介が20年近くに渡りヨガと成功哲学を探求した末に手に入れた、人生を変容させる“4つの魔法”を『限定公開』します。

第一回 『柔軟性の魔法スペシャル』

さまざまな関節の柔軟性を一瞬で高めることのできる魔法のアプローチを伝授します。普段は時間の都合上なかなかシェアできない裏技的技法もお伝えします。この授業に参加することで、アーサナの練習時間を大幅に短縮し、時間の有効活用ができるようになります。

第二回 『健康&ダイエットの魔法』

体内年齢25歳、体脂肪率9%、病気とは一切無縁の生活を維持している乳井真介が普段から実践している、食べれば食べるほど脂肪が落ちて健康になれる『サトヴィック・ダイエット』を伝授します。このダイエット法を実践すれば、常にエネルギッシュで、高い集中力を保てる若々しい身体と精神が手に入ります。

第三回 『人間関係の魔法』

恋愛関係や職場での人間関係の悩みが嘘のように解消できるようになる、人間関係改善の極意を伝授します。なぜ人生には「嫌いな人」が現れるのか?なぜ「好きになる人」ほどなかなか近づくことができないのか?そのすべてをこの授業が解き明かします。恋愛や人間関係にお悩みの方にぜひ受けていただきたい授業です。

第四回 『富と成功の魔法』

誰もが望む“人生の富”を手に入れるための『成功法則』を伝授します。成功者と呼ばれる人が必ず実践している“あること”。それを理解すれば、大好きなことを仕事にして、毎日ワクワクしながら自分自身が望む“富”を手に入れることが可能になります。ワクワクでいっぱいの人生を送りたいすべての方に受けていただきたい授業です。

*各授業への参加はすべて参加者の自由です。興味のある授業にご参加ください。

 

旅のガイド 乳井真介(にゅういしんすけ)

渡印回数11回。2004年に都内大手ヨガスタジオの立ち上げに参加。全国12店舗のインストラクターを統括するディレクターとして、新規スタジオの設立や新人インストラクターの育成に携わる。2006年より代々木にある大手ヨガスクールの設立に共同経営者として参加。2年間で200名以上のヨガインストラクターの育成に携わる。2008年、自身の追求する理想のヨガスクールを形にするため独立。東京目黒の学芸大学にリラヨガ・インスティテュートを設立する。それまでに学んださまざまな優れたヨガのエッセンスを再構築し体系化した「リラヨガ」を普及させるために活動を開始。8年間で会員数が2,000名を超える日本有数のヨガスクールへと成長させる。これまでに指導した生徒の数はのべ3万人、養成に携わったインストラクターの数は1,200名を超える。

アシュタンガ、アヌサラ、ヨガセラピー、YINヨガ、タイヨガなど、タイプの異なる複数のティーチャートレーニングを修了しており、ヨガ哲学や瞑想を重視する伝統的なヨガと、アーサナと解剖学を重視する現代的なヨガを自由自在に使いこなす独特のスタイルはまさに“ヨガのマジシャン”と呼ぶにふさわしい。その実力はヨガ業界でも非常に高く評価されており、日本を代表するヨガ雑誌である『ヨガジャーナル』の表紙を監修。また同誌に連載中の『漫画で読むヨガ哲学』の監修でも好評を博す。それ以外にも多数のヨガ関連メディアの監修を手掛けている。著書に『ヨーガの魔法』、DVDに『42 BASIC ASANA』がある。2014年よりアメリカ発のヨガブランド「Manduka」のプラチナ・アンバサダーを務めている。現在は一般向けのヨガレッスンやティーチャートレーニング以外にも、精神病棟や刑務所などでのヨガ指導にも注力している。

 


プロフィールの詳細はこちら

メッセージ

「シヴァナンダ・ヨガは20年ほど前、私がはじめて渡印したときに出会ったヨガで、今の私のヨガスタイルの形成にも大きな影響を与えました。今回のインドツアーはそのシヴァナンダ・ヨガとリゾート施設でのアーユルヴェーダ施術をセットで体験していただきます。また、旅の途中では20年近くに渡るヨガ人生において私が手に入れた4つの『ヨーガの魔法』の使い方を参加者のみなさんにお伝えできればと思います。南インドは気候も穏やかで人もやさしく、インドがはじめての方には最適な場所です。ぜひ一緒にはじめてのインドを楽しみましょう!」

 

定員

16名(最少催行人数8名)

参加費

23万8千円  早期申し込み特典 22万3千円(2018年10月30日までにお申し込みの方限定) 

*他に空港施設使用料、空港保険料、インドビザ取得費用、任意旅行保険加入料(計3万円程度)がかかります。
*一人部屋をご希望の場合4万5千円追加となります。シヴァナンダアシュラムは混雑具合により一人部屋が用意できない場合がございます。

主催:スカイエフ・ワールド 東京都知事登録旅行業第三種―5058号

申込み期限:2018年12月3日(月)

*ただし、定員になり次第申し込みを締め切ります。

FAQ

Q:通訳はつきますか?
A:専門の通訳はつきませんが、日本語を話せるガイドが旅路をご案内します。シヴァナンダ・アシュラムとアナンティヤ・リゾート内では乳井真介が参加者の必要に応じてガイドと通訳をいたします。

Q:インドがはじめてですが、大丈夫でしょうか?
A:はい、このツアーはインドがはじめての方向けのツアーです。インド旅行のイロハを丁寧にお伝えいたしますので、ご安心ください。

Q:一日のプログラムには必ず参加しないといけませんか?
A:各プログラムへの参加は完全に自由です。アシュラムやリゾートに滞在中はお好きなプログラムにご参加ください。アシュラムのそばにはウォーキングに最適の湖があります。またアシュラムは広大なジャングルの中にありますので、一人瞑想するのにも最適です。

 

仮申し込みはこちら
*仮申し込み後、本申し込み用のご案内をお送りいたします。

 

 

乳井真介と行くインド・ゴームク聖地巡礼10日間の旅  

 

ヨガを始めてインドに興味がわいてきたが、一人で行くのはちょっと怖い。せっかく行くのなら他の人が行かないようなディープな場所に行ってみたい。そんなヨガを心から愛する渡印希望者のためのインドツアーの開催が決定しました。今回の旅ではヨガの聖地リシケシ、ガンジス川の上流域にある秘境ウッタルカシーとガンゴートリー、そしてガンジス川の源流であり、古来ヒマラヤのヨガ行者たちがヨガ修行の場としてあがめている究極の聖地、ゴームクをご案内します。旅をガイドするのは渡印回数10回、インド旅行の酸いも甘いも体験しつくしたリラヨガ・インスティテュート代表の乳井真介。さらに現地インド人ガイドも加えた万全の体制でみなさんを個人旅行では足を踏み入れることの難しいヨガのパワースポットへご案内します。ガイドなしで自由にインド旅行を楽しみたい。そんな方のために、リシケシとデリーではフリータイムもたっぷり設けました。オプションでインドが世界に誇る世界遺産タージマハルを観光することも可能です。インドが初めての方も安心してインド旅行の真髄を味わって頂けるスペシャルプログラムです。ぜひこの機会をお見逃しなく。

旅のガイド、乳井真介からのメッセージ

shinprof2svs

「今回、株式会社スカイエフワールドの協力の下、約10年ぶりにインドツアーを開催することになりました。まずはヨガの聖地と言われるリシケシでフリータイムを使ってたっぷりとヨガに浸ってください。リシケシは私が人生で初めてヨガに触れた場所であり、私にとっては“心のふるさと”とも言える場所です。今回再びこの地をみなさんにご紹介できることをとても嬉しく思っています。リシケシにはインド中から“サードゥー”と呼ばれるヨガの修行者たちが集まり、様々な種類のヨガを学ぶことができます。アーサナ、呼吸法、瞑想など、本場インドのヨガやアーユル・ヴェーダを体験することは、ツアーに参加されるみなさまにとってこれまでのヨガプラクティスのあり方を見つめ直すとてもいい機会になるはずです。また何より素晴らしいのはガンジス川のもつ川の力です。川のそばで足を組んで、その流れをただ眺めるだけで、あっという間に悠久の時と一体化して一日が過ぎていくことでしょう。希望者には私のお気に入りの瞑想スポットやカフェ、ビートルズが滞在していたマハリシ・マヘーシュ・ヨギのアシュラムなどをご案内いたします。

リシケシで本場インドのヨガを体験した後は、専用車に乗って一気にガンジス川の上流に向かいます。ここからがこの旅の本番です。リシケシより上流域はガイドブックの情報も少なく、道もあまり良くないため、個人旅行で訪れるのは大変です。しかし、その分観光客も少なく、リシケシでは味わえない聖地ならではのすがすがしさと神聖さを味わうことができます。今回のツアーの最大の見どころ、ガンジス川の源流であるゴームクは標高4,000メートルほどのヒマラヤ山中の高地にある秘境中の秘境です。一滴浴びれば一生の罪が償われると言われるガンジス川の原点は、世界的に見ても非常に稀なパワースポットであり、ヨガを真面目に修行する者ならぜひ一度は訪れておきたいヨガのメッカです。日本での様々な雑事を忘れ、自然に深い瞑想状態に入れること間違いなしです。

今回訪れるのはどこもヒンドゥー教徒たちの聖地です。大人数でがやがやと訪れるような場所ではないので、定員には制限を設けさせていただきました。今回のツアーはきっとみなさまのヨガ人生を大きく変容させ、一生の思い出になるはずです。また、ヨガの原点に接する経験はヨガ指導を行う上でのゆるぎない自身と箔を与えてくれることでしょう。みなさまとこのスピリチュアル・ジャーニーを共にできることを楽しみにしています。」

 

me_627_rishikesh123

日程表 6月17日(土)~6月26日(月)10日間(9泊10日)

1日目 6月17日(土)
11:30 空路デリーへ
18:00 デリー到着 ローカルレストランにて食事後 ホテルへ
デリー泊
食事:夕食

2日目 6月18日(日)
6:45 列車にてハリドワールへ 
11:25 到着後ローカルレストランにて食事。ガンジス川にて沐浴
午後 専用車にてリシケシへ
午後 リシケシ到着 ヨガアシュラム(ヨガニケタンもしくはアーナンダ・プラカシュ)のゲストハウスへ
リシケシ泊
食事:朝食、昼食、夕食

3日目 6月19日(月)
終日フリータイム
アーサナ、呼吸法、瞑想などのヨガプログラムに参加
マハリシ・マヘーシュ・ヨギ・アシュラム、アーユルヴェーダカフェなどをご案内(希望者のみ)
リシケシ泊
食事:朝食、昼食、夕食

4日目 6月20日(火)
終日フリータイム 
アーサナ、呼吸法、瞑想などのヨガプログラムに参加
リシケシ泊
食事:朝食、昼食、夕食

5日目 6月21日(水)
午前 フリータイム(ヨガ、おみやげの購入など)
午後 専用車にてウッタルカシーへ移動
ウッタルカシー泊
食事:朝食、昼食、夕食

6日目 6月22日(木)
早朝 乳井真介によるヨガ
   専用車にてガングナニへ 温泉沐浴* *渋滞等の事情で沐浴できない場合あり
午前 専用車にてガングナニからガンゴートリへ移動
午後 トレッキングにてボージュバーサ(標高4,000メートル)ヘ(6時間)
ボージュバーサ泊
食事:朝食、昼食、夕食

7日目 6月23日(金)
早朝 乳井真介によるヨガ
午前 トレッキングにてゴームクヘ(2時間)
   ゴームクにて瞑想、沐浴
午後 トレッキングにてボージュバーサを経てガンゴートリへ(8時間) 
ガンゴートリ泊
食事:朝食、昼食、夕食     

8日目 6月24日(土)
早朝 乳井真介によるヨガ
   専用車にてハリドワールへ(10時間)
夜  列車にてデリーへ 到着後ホテルへ
デリー泊
食事:朝食、昼食、夕食

9日目 6月25日(日)
夕方までフリータイム
*有料オプション アグラ観光(アグラ城、タージマハル)
*有料オプション アーユルヴェーダトリートメント
*有料オプション デリー観光
21:10 空路成田空港へ
機内泊
食事:朝食、昼食、機内食

10日目 6月26日(月
8:00  成田空港到着 解散

*乳井真介のほかに現地インド人ガイドがみなさまをご案内します。
*今回は聖地巡礼の旅ですので、旅行中の食事はすべてベジタリアンミールとなります。お酒も飲めません。ご了承ください。
*プログラムには標高3千~4千メートル地点での長時間のトレッキングが含まれます。体力に自信のない方のご参加はご遠慮ください。
*参加者全員に任意保険(1万円程度)に加入していただきます。

定員:12名(最少催行人数6名)

参加費: 一般 31万9千円 プレミアム会員 29万9千円

*他に空港施設使用料、空港保険料、インドビザ取得費用、任意旅行保険加入料がかかります。
*一人部屋をご希望の場合3万1千円追加となります。

主催:スカイエフ・ワールド 東京都知事登録旅行業第三種―5058号

申込み期限:2017年4月20日 *募集を締め切りました。 

 

FAQ 

Q:6日目、7日目に高所でのトレッキングがありますが、どれくらいハードでしょうか?

A:富士山に登るのと同じ程度の負荷になります。心配な方は低酸素トレーニングを事前に受けていただくことをお勧めします。MIURA DORPHINSの詳細はこちら

Q:6日目の宿泊はどのような場所で行うのでしょうか?

A:ボージュバーサには簡素なアシュラムがあり、毛布と食事が提供されます。寝袋などは必要ありません。日本の山小屋のようなイメージです。

Q:気候はどのような感じですか?

A:6月のリシケシは雨期の直前であり、最高気温は35℃から40℃、最低気温は25℃程度です。ガンゴートリー、ゴームクはリシケシよりも20℃ほど気温が低くなります。詳細はこちら

Q:水は大丈夫ですか?

A:ペットボトルのミネラルウォーターが手軽に手に入り、安全です。

Q:インドビザの取得は大変ですか?
A:インド大使館で簡単に取得できます。時間が取れる方はご自分で取得することをお勧めします。

PAGE TOP