Kumiko Numata

沼田 久美子

幼少期より運動に明け暮れて育つ。社会人になり一転、音楽・映画・舞台鑑賞に浸るインドア生活を送っていた頃、尊敬する海外俳優が舞台前のウォーミングアップでヨガをしていると知り、興味を持つ。しかし機会が無いまま何年か過ぎ、東日本大震災がおこる。電車が止まり、数時間歩き詰めで自宅へ辿り着くも、疲労困憊だった。それまでのインドア生活で、幼少期に培った筋力はすっかり失われていた。余震が続く不安な日々、人生のやり残しをリストアップした時、まず頭に浮かんだのがヨガだった。人生初のヨガポーズ、アドームカシュワーナアーサナは、生まれたての子馬のように手足が震えた。運動神経に自信を持っていただけに、悔しさ半分、興味半分でレッスンに通い始める。プラクティスを重ねるごとに、心身の変化を実感し、いつしかヨガが必要不可欠なものになる。

アーサナだけではないヨガの学びを深めるべく、リラヨガ・インスティテュートにて乳井真介氏に師事。心と身体を繋げるヨガの教えに触れ、それまでの自己の生き方への模索から救われる。その教えを広めたいという想いから、2017年全米ヨガ アライアンス200を取得。今後はスパイスやアーユルヴェーダ等、食事観も含めたヨガ的ライフスタイル提案を視野に学びを深めている。

 

メッセージ

「大人になると、いつのまにかいろいろなことに挑戦することが怖くなってしまいがちです。分かってはいるけど、失敗したらどうしよう、そんな要らない心配で、日常の些細な挑戦でさえ避けて通ろうとしていませんか?けれども、ヨガマットの上では、どんなに失敗しても大丈夫です。私もヨガのプラクティスを続ける事で、絶対無理と決め付けていたポーズが、ある日突然出来るようになる喜びが自信となり、マットの外の日常でもいろいろなことにチャレンジできるようになりました。

私なんて無理!と自信がない人こそチャンスです。自分で勝手に決めてしまっている『出来ない』という思い込みの枠から、思い切ってほんの少しだけはみ出してみませんか?。ほんのちょっとずつの前進でも、気がつけば大きな一歩となります。そして踏み出し続けたその先には、未知の可能性がきっと皆さんを待っています。

曲がり道、行き止まり、真っ直ぐな道。どんな道が目の前に続いていたとしても、その道程も楽しんで。一緒にワクワクしながら、進んで行きましょう!」

 

PAGE TOP