リラヨガ・インスティテュート9周年特別講座「開脚の極意」

 

リラヨガ・インスティテュートは2017年12月11日に創立9周年を迎えます。この創立9周年を記念し、ディレクターの乳井真介が特別講座を開講します。テーマはズバリ「開脚」。昨年日本でもっとも売れた実用書はこの開脚に関する本でした。この事実からもヨガの普及とともに今、日本国民の多くが正しい開脚の深め方を求めていることがわかります。

開脚には大きく左右開脚と前後開脚の二つがあり、ヨガではそれぞれ「サマコーナ・アーサナ」,「ハヌマーン・アーサナ」と呼ばれます。この特別講座では2回にわたりそれぞれの開脚をどのように深めていけばいいのか、正しいアプローチの仕方を解剖学の理論に基づいてお伝えしていきます。多くの方が開脚を深めるためにストレッチを用いますが、ストレッチを繰り返すだけではなかなか開脚は深まりません。もう何年もストレッチを続けているのに、なかなか開脚が深まらない。寝る前にしっかりストレッチをしたのに朝起きるとまた元に戻ってしまっている・・・。そんな経験はありませんか?

実は開脚をスムーズに深めるためにはストレッチ以外にあることを行う必要があります。しかし、今巷に溢れている開脚に関する情報ではほとんどこの事実について触れられていません。今回の特別講座では乳井真介が20年近くにわたり探求を繰り返した結果編み出した、通常ティーチャートレーニングの受講生にしか伝授しないその開脚の極意をお伝えします。なかなか開脚が深まらないとお悩みの方興味はもちろん、開脚の原理を的確に理解し、指導に役立てたいヨガインストラクターのみなさまのご参加もお待ちしています。

img_0126s

講座の詳細はこちら