メディカルヨガインストラクター養成講座レポート最終回

こんにちは!リラヨガスタッフの川上です。6月に初めて梅雨明けして、もうすっかり夏ですね!毎日暑い日が続きますが、みなさんはいかがお過ごしですか?

 

6月30日はメディカルヨガインストラクター養成の最終回でした!最終回は、40分のヨガレッスンをペアを組んで行いましたよ。この日のために、みんな一生懸命4月から約3か月間頑張ってきました。仕事の合間や、休日に勉強をするのはもちろん、子育てをしている方は、子供たちが寝た後のすき間時間で勉強されている方もいらっしゃいました。ほとんどの方が仕事との両立をしながら勉強し、リラヨガに通い、励まし合ってきた大切な仲間です。

住んでいるところもバラバラですが、東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木・・・今回一番遠い所からの参加者は熊本からいらしています!!飛行機で毎回泊りがけで通ってくる姿は、頭が下がります。本当にモチベーションがみなさん高く、いろんな職業の方達がいらっしゃるので、毎回みなさんとお話できるのが楽しかったです。オンライン講座も最終試験を受けてなんとか、私も無事合格しました!

それぞれ、考えてきたレッスンをペアの方に行うのですが、私の今回のテーマは【母に行うヨガレッスン】でした。前回の反省を生かして、声掛けを意識して、呼吸に合わせてやろうと前日は午前2時までシークエンス作りをしていました!自分で考えて作ってきたシークエンスを相手の方に気持ち良く、そしてその人にあった軽減法で行えるようにしようと何回もシュミレーションして寝ました。

 

私の母は北海道に住んでいるのですが、働き者でいつも家族のために尽くしています。誰よりも早く起きて、誰よりも遅く寝る母はいつも疲れた表情を出さずいつも笑っています。母親って本当にすごいですよね。夜はネコとくっつきながらテレビを見てうたた寝をしている時が一番幸せだといつも言ってる、そんな働き者の母に私がヨガレッスンをするならどうするだろう、と考えました。まず肩周り周辺の筋肉をストレッチして、背中のこわばりが取れるようなレッスンができるようシークエンスを考えました。

 

 

ペアを組んだ方に実際行ってみて、フィードバックをもらうと「とても気持ち良くリラックス出来てよかったよ」と言ってもらって嬉しかったです!反対に、ペアの方のレッスンを受けてみて一番感じたことは、「褒められるってすごく嬉しい!!」ということです。ちょっとした動きでも「いいですねー!」「きれいですね、とっても上手です」と褒めてもらえるのって、自分が認められた気がして心から嬉しい。目を合わせて笑顔で「とってもいいですよ」「上手です」「バッチリですよ!」なんて大人になるとあまり人に言われないですよね!子供に帰った気がして、やる気がどんどん出てきました!(笑)それってすごく大事なことだと思います。

 

 

出来ないと思っていたけど案外できた!、とかこの身体の動き方で合ってるんだ!、とか自分を認めてもらえることって、いくつになっても嬉しい事なんだなーと思います。ヨガだけじゃなくて、なんでも初めてのことってなんとなく不安になりますよね。私も歯科衛生士の仕事をしている時は、歯ブラシやフロスの使い方を練習してきてもらうことがあるのですが、患者さまが頑張って歯ブラシをして汚れが少なくなり、歯肉の状態がちょっとでも改善してきたときは、めちゃくちゃ褒めます!そうすると、もっと頑張ります!って笑顔にお互いになっています。

相手を認めて、出来た動きは一緒に喜ぶことって私も相手の方も嬉しいことなのかな、と感じました。メディカルヨガは高齢者や、障碍者のためだけでなく大切な人のために、すべての方達に行えるヨガだと私は感じていて、ヨガを初めて行う方や、身体が硬い方に対しての軽減法にもなると思います。アロマセラピーの知識もメディカルヨガでは習うので、今後、自分がヨガレッスンする時に活用できますし、夏に北海道に帰るので母にヨガレッスンを早くしてあげたいです。

 

メディカルヨガインストラクター養成コース第一期生。
前列左側から三人目が私です(^^)

 

川上由佳理

 

メディカルヨガインストラクター養成コースの詳細はこちら

 

関連記事

PAGE TOP