メディカルヨガインストラクター養成コース第三回レポート

こんにちは!リラヨガスタッフの川上由佳理です。最近は気温の変化が激しいですが、みなさま体調は崩されてませんか?

先日ゴールデンウィーク5月5、6日と2日間、セルフメディケーションのためのヨガを学べる「メディカルヨガインストラクター養成コース」の集中講座が行われました。今回の集中講座では「脊柱」、「腰部」、「骨盤」、「股関節」、「肩関節」、「肘関節」、「頸部」の仕組みと、それらの疾患に対するアーサナの軽減方法を一気に学びました。

厚生労働省の発表によると腰痛を持つ人は2770万人だそうで、約5人に1人の計算になります。かくいう私も腰痛の経験者で、職業柄いつもひどい腰痛に悩まされていました。今回の授業では背中の筋肉とお腹の筋肉のバランスが崩れることが腰痛になる大きな原因の一つだということを教わり、目からウロコでした!無意識にいつも何気なくしている癖や姿勢が筋肉のバランスを崩し、それが腰の痛みになって出てしまうのだそうです。コースでは腰痛に対する様々なアプローチを学ぶ事ができました。きちんとした理論とアプローチがあれば、がんこな腰痛もしっかり改善できちゃうんです。私も学んだ腰痛へのアプローチを使ってまずは自分自身の腰痛のケアをしっかりしていきたいと思いました。

 IMG_1726s

また、私が今回の講座で一番感動したのは、骨盤の傾きを乳井先生が少し触って整えただけで、一瞬にして脊柱側弯症の方の背骨が真っ直ぐになったことです!ものの1~2分の出来事です。乳井先生はタイマッサージの他に整体の技術も学ばれた経験があるそうで、コースではそんな乳井先生の深い解剖学的知識に基づいたさまざまな実践的アプローチを学ぶ事が出来ます。本当に感動モノのアプローチばかりなので、受けていない方にはぜひ体験してもらいたいです。

IMG_1048s

今回はちょうどコースの折り返し地点ということで受講生の方々にここまでのコースの内容についてインビューをしちゃいました!

まだ半分まで来たところですが、みなさん既に多くの学びを得ているのがインタビューから伝わってきますね!私も後半このコースを通して自分をどこまで成長させることができるのか、とても楽しみです(^^)

川上由佳理

2018年7月開講のメディカルヨガインストラクター養成コースの詳細とお申し込みはこちらよりどうぞ

関連記事

PAGE TOP