Mari Nakazato

中里真理

1990年生まれ。東京都青梅市出身。 幼い頃から字を書くことが好きで、書道に没頭する日々を送っていたが、年齢を重ねるにつれ、少しずつ書から離れていき、物や情報に溢れた中で生活をするようになる。 はじめは楽しかったのだが、物の豊かさに慣れていくにつれ、何をしても満たされず「もっと欲しい」「もっとこうしたい」と欲ばかりが増えていく。体もかたくなり、いつもイライラし、気分の波が激しくなっていった。 保育士として子どもと関わる中でも、あちらこちらに注意が向き、1つの事に集中できずにいた。

そんな時、リラヨガのヨガに出会い、アーサナ・呼吸法・解剖学・食事法・インド哲学を学ぶ。日々の中で少しずつヨガの教えを実践していく事で、今まで意識していなかった自分の呼吸、心や体の状態を見つめる時間が増え、自分の感情を冷静に見られるようになっていった。 インドへの旅では、壮大な自然と様々な人の価値観に触れ、物がない中での豊かさを実感し、ヨガを深めたいという思いが強くなる。 2017年リラヨガエバンジェリストコース終了。現在は趣味であるサーフィンを楽しみながら、浜辺でのビーチヨガや、子育て中の母親を中心に『自分自身と向き合うためのヨガ』を伝えている。

メッセージ

「ヨガを始めるまで、身体はガチガチで、何をしても満たされない日々を送っていました。特別に何かをしたり、どこかへ行くことで気持ちが満たされたり、自分を変えられるのではないかと、常に何かを追い求めていましたが、現実は何も変わりませんでした。ヨガの智恵を学ぶ中で、日々のアーサナ、そして今まで意識していなかった食事や呼吸にも意識を向けるようになっていきました。すると、身体だけではなく心もゆるんでいき、自分の捉え方次第で目の前の世界が変わっていくのを感じました。そんな経験を通じ、今では、何か特別な事をするのではなく、目の前にある自分のやるべき事を着実にやっていく事が一番の近道なのだと分かるようになりました。 人生生きていると、乗り越え難いように思える壁もあるかと思います。でも、そんな時こそヨガの智恵の出番です。みなさまと一緒にヨガを深めていくお手伝いが出来たらいいなと思っています。お会いできる日を楽しみにしています。」

PAGE TOP