メディカルヨガインストラクター養成コース第五回レポート

こんにちは!リラヨガスタッフの川上由佳理です。

先日26日に行われたメディカルヨガインストラクター養成コース講座では、前半は「消化器系」後半は「免疫系」について学んでいきました。

授業は消化器系の病気についての知識や病気になってしまう原因についてのレクチャーから始まります。便秘になりやすい方の原因は2つあって一つは胃に負担をかける食べ物。二つ目はストレスだそうです。どんなものが胃に負担をかける食べ物で、消化に時間がかかってしまうのかそして、胃に負担をかけない食べ物をわかりやすく教えていただきました。メディカルヨガインストラクター養成コースで勉強していると、いろいろな所で疾患の原因はストレスだと出てくることが多いです。私もストレスで急性胃腸炎になったことがあり、ストレスは身体全体に大きく影響してしまうのだなと体感しています。そう考えるとストレスって本当に怖いですね!

レクチャーの後は消化器系の疾患に対する効果的なアーサナの行い方と、高齢者や障碍者に対しての軽減方法を勉強しました。実技の授業は実際に動いて確認しながらできますし、一緒にペアになった方と話しながら行えるので自分の身体で体感できるのがとてもわかりやすいです(^^)みなさんいつも真剣にノートに書いたり、動画に撮ったり熱量がすごいです!

ブロックやベルトなど使いながら軽減方法を学んだ後は、生徒同士で感想や気付いたことをシェアする時間もあるので、ちょっとわからないところは確認し合えます。もちろん乳井先生に質問するとわかりやすく、丁寧に教えてくれるのでついていけなくなる心配がいりません。9時から12時までの授業ですが、内容が濃く毎回あっという間に時間が過ぎていきます。

このコースも残すところあと3回となりましたが、卒業に向けて引き続き真面目に、そして楽しく勉強していきたいと思います(^^)

川上由佳理

 

7月開講メディカルヨガインストラクター養成コースの詳細はこちら

 

関連記事

PAGE TOP