ティーチャートレーニング卒業生の活躍~君川友紀さん

昨年11月に全米ヨガアライアンス認定『ヨガエバンジェリスト・コース』を卒業した君川友紀(きみかわゆき)さんは現在多方面で活躍中の人気ヨガインストラクターです。そんな君川さんにリラヨガ・インスティテュートのティーチャートレーニングの魅力について、また、コース卒業後のヨガ指導のあり方についてインタビューしました。


公園でヨガのポーズをとる君川友紀さん

 

リラヨガのヨガエバンジェリスト・コースを受けてよかったことは何ですか?

 元々、ヨガのインストラクターを仕事にしたいという思いはあまりなく、仕事をしながら土日だけ友人や家族に趣味程度に教えれたらなと考えて受講を決めました。ティーチャートレーニングを受けて良かった事は本当にたくさんあるんです!

コースではヨガの教えを人生に活かすための智恵をいろいろ教えていただき、身体と心は繋がっているということがわかりました。 自分の気持ちの持ち方や考え方の癖などで、体もそれと繋がっていて辛抱弱い私は股関節が硬かったり、じっとするアーサナが苦手だったり。とまた、瞑想の時間では外の世界ばかりを気にするのではなく、少しの時間でもいいので瞳を閉じて自分が今どんな気持ちなのか、どんな事が頭によぎるのかなどを感じる事ができ、頭も体もスッキリしたのを覚えています。
 
 リラヨガのレッスンでは冒頭にヨガ哲学に自分の人生経験を絡めた小話をします。トレーニング中もスゥーっと先生の小話が心と身体に入ってきて、自分が世界と繋がっていくような不思議な気持ちになれました!また、トレーニングにはペアワークが多く取り入れられていたので、受講生同士がとても仲良くなれたのも嬉しかったです。知らない人と触れ合い、繋がれるヨガって楽しいな!と心から思いました。

ティーチャートレーニングで出会った人生を変えるヨガ哲学の言葉、大変かなと思う事もやり遂げれた事、新しい学びの発見と感動、新しい仲間との出会いとても感謝しています。

現在のヨガインストラクターのお仕事をどうやって見つけましたか?また、現在どんな感じでレッスンを行っ ていますか?

コースでヨガを学ぶにつれて、日々のストレスとの向き合い方でこんなにも人生にハッピーが多くなるんだと思ってからは、より多くの人に、”自分を愛して”という気持ちを伝えたいと思いヨガインストラクターとして今は都内を中心に活動しています。また、地元東北でのイベントなどでもヨガを教えるようになりました。

インストラクターの仕事は人との繋がりから『うちのスタジオで働いてみる?』っていう声をかけていただいたり、『ここで教えたいな!』と思ったヨガスタジオでオーディションを受けています。
 
 私のレッスンでは季節や気候、体調に合わせて教えるようにしてます。また、テレビからの情報やいろいろな人の言葉を参考にしながら時期的に体に必要な要素を取り入れたりしています。トレーニングで学んだレッスンの組み立て方を使い、毎回レッスンの中にチャレンジポーズを入れるようにしてレッスンを考え、教えていますが、生徒さんからとても好評です。

今後の夢をお聞かせください。

将来は海や自然がある場所で自分のスタジオを持ちたいです。

ビーチヨガや外ヨガのクラスを開催して、多くの人が気軽にヨガに触れられる環境を作り、ヨガをやりたいな、やってみようかなという思いを行動に移せる環境を作っていきたいんです。

また、小さなスペースでいいので、生徒さんがここに来ただけでなんだかワクワクしたり、心が落ち着いたり、スッキリしたり。そんな居心地のいいスタジオやヨガレッスンを行っていきたいです。ヨガのレッスンだけではなく、体を作っているのは自分が口にしたものなので食事のサポートや一緒にいろいろなものを作ったりなど、心と身体が喜ぶことを伝えれたらなと思います。

君川友紀さんの今後の活躍が楽しみですね!

君川友紀さんのレッスンが受けられる‟YES TOKYO”のホームページはこちら
君川友紀さんが受講した全米ヨガアライアンスンス認定『ヨガエバンジェリスト・コース』の詳細はこちら

 

関連記事

PAGE TOP