ヨガ・ファウンデーションコース第5回目:ヨガ指導者養成講座受講レポート

みなさま、こんにちは。リラヨガスタッフの広瀬です。

今年の8月前半は梅雨に逆転したかのような涼やかなお天気が続いていましたが、ここ数日はまた夏らしい日が復活していますね。早いもので8月もあと数日となりましたが、みなさまはこの夏の思い出はできましたか?

さて、リラヨガでは先週土曜日、ヨガ・ファウンデーション土曜日コースの第5回目が行われました。講義の前半では、解剖生理学の続きとして自律神経やストレスについて、また後半では食事法について学びました。真先生のユーモラスなお話にいつも以上にたくさんの笑い声と笑顔がわき上がり、スタジオ内はとても良質のプラーナ(気)に包まれていました。今回の講義では私
自信、それすごい!と思うポイントがたくさんありましたが、特に自律神経についての学習が興味深かったです。

 

IMG_0257c (2) 

私たちの体の各器官は、自律神経と呼ばれる「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経によって支配されていて、それぞれ反対の働きをするこの2つの神経ががうまくバランスを保って働くことにより、私たちは健康と生命を維持しています。そしてこの2つの神経の作用に影響を与える材料の1つに、「姿勢」があるようなのです。私たちは普段、落ち込んだときや悲しいときなどは身体を縮こめて下を向く姿勢になりがちな一方で、「がんばるぞ」などと前向きな気持ちでいるときは自然と胸が開き上を向く姿勢になっていますよね。この身体を縮こめて下を向く姿勢というのは「副交感神経」を優位にさせ、反対に胸を開き上を向く姿勢は「交感神経」を優位にさせるのだそうです。落ち込んでいる時は一般的に「副交感神経」が優位になっていることが多いので、落ち込んだ時こそ上を向いてみたり後屈のポーズをやってみると、落ち込めなくなるんですって(^^)

私自身「ヨガには自律神経を整える効果がある」と以前から耳にしたことはありましたが、今回の講義ではその理由が解明できてとても嬉しく楽しかったです。こんなふうに、毎回の学習の中には楽しい発見や、普段の生活に役立つ知識や物事の考え方などのヨガの智慧がたくさん散りばめられています。真先生の楽しく分かりやすいお話も相まって、つい時間を忘れて講義に夢中になってしまいます。リラヨガのティーチャートレーニングでは、受講生のみなさん同士で講義を聞いて感じたことや考えたことなどをシェアする時間が所々に設けられているので、周りの受講生の意見を聞くことで新たな発見もありますし、何より受講生同士の距離が回を進めるごとに深まっていくのを感じます。

IMG_0254

今回の実技の時間では、ヘッドスタンドやアームバランスなど難易度の高いアーサナにもチャレンジしました。ヘッドスタンドは、「キングオブアーサナ」と呼ばれるほど体の諸機能を整える効果が高いようです。私自身ヘッドスタンドは小学校の運動会の組体操で行った経験があったので、ヨガのアーサナでの挑戦は初めてでしたが体は覚えているものですね!すぐにコツをつかめました。とても久しぶりにチャレンジしてみて、短時間でこんなにも頭がスッキリするものなのか!と感激し、キングオブアーサナの威力を感じました。

IMG_0273s (2)

IMG_0266s (2)

受講生のみなさんは少しずつヨガの伝道者の風格が出てきています!ヨガファウンデーション・コースも、残すところあと3回となりました。受講生のみなさん、一緒に最後までがんばりましょう♪

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

広瀬

 

関連記事

PAGE TOP