Motoko Shinohara

篠原 もとこ

学生時代から演劇、ダンスの勉強を始め、大学卒業後はストリングラフィ(弦楽器)奏者として、日本全国〜海外十数か国で1500回を超えるステージに立つ。2005年より、ダンスの延長のような気持ちでヨガを始めるが、ダンスの「表現する」という外向きのエネルギーとは違う、ヨガの「自分の内側を見つめる」心地よい感覚に魅了され、インストラクターとなる。
2007年より、大手ヨガスタジオにて指導を開始。更に学びを深めるべく、 2012年にリラヨガ・インスティテュートにて、ヨガインストラクター養成講座(RYT200) を受講する。 また、2013年より大手ヨガスタジオにて「顔ヨガ指導者養成講座」のメイン講師を務める。 養成したインストラクターは、5年間で約800人。分かりやすく、丁寧で、ユーモアあふれ るレッスンが人気。雑誌、TVなどのメディアでも活躍している。 「心地よい暮らし」「マットの外でもヨガ」をモットーに、ヨガとヨガ的な生活を探求中。

HP「ヨギニカ」

<保有資格>
全米ヨガアライアンス200時間認定リラヨガTT修了
メディカルヨガインストラクター養成講座修了
ルナワークス主催 マタニティ講師養成講座修了
ヴィンヤサヨガTT修了 ヴィパッサナー瞑想10日間コース修了
高津文美子式フェイシャルヨガ指導者認定講座修了 アロマ検定1級

メッセージ

「実は、幼い頃からとても体が硬く、運動嫌い、引っ込み思案で、コンプレックスだらけの 子供時代を過ごしていました。学校の部活で出会ったダンスや演劇を通して、少しずつ変化し、現在では、ヨガや舞台で人前に立つことが、お仕事でありライフワークとなりまし た。人並みよりできないところからのスタートだったので、その経験を生かして、分かりやすい指導を心がけています。 一生乗っている乗り物のような私たちの身体。それを運転しているのは、心であり、精神 (魂)であり、全ては繋がっています。 ヨガを通じて、その人本来の生き生きした姿に導くお手伝いができたら、嬉しいです。 レッスンで、お待ちしています!」

PAGE TOP