肩関節と肘関節の科学ワークショップ

こんにちは。
受付スタッフの松木です。

先日2週にわたって、「肩関節と肘関節の科学」のワークショップが開催されました。
理学療法士でもある近藤麻里先生と柔道整復師の近藤瞬先生のご夫妻が、アームバランスの代表的なアーサナであるバカ・アーサナにおいて、上肢が果たす働きを解剖学的に分析し説明して下さりました。

ブログ9まずは肩関節と肘関節それぞれの特徴を学び、ペアになって骨や関節の動きを確認していきました。

ブログ3肩関節を触診しています。骨や関節、関節周辺の筋肉も触診できるようになりました。

ブログ2こちらは肘関節(腕尺関節)を触診しています。左右の肘関節の可動域や過伸展の傾向性が無いか視診でチェックできるようになりました。

ブログ4真剣な眼差しで視診中のようす。

 

ブログ6そして、バカアーサナにチャレンジです!

ブログ8頻繁に通ってくださるKさん、がっちりとした三角筋を皆さんで触診(^^♪

ブログ7

真先生と武智先生が並んでバカアーサナ。軽々とそしてキープ時間の長さはさすがです!

ブログ1

最後は肘関節を前に出して集合写真です(^^)/
近藤夫妻の分かりやすい解説で肩関節と肘関節に関する知識が一気に深まりました。

身体のエキスパート近藤夫妻による解剖学WS、次回は7月1日(金)に開催が決定しました。
テーマはズバリ「膝関節」です。詳細は今しばらくお待ちください。

松木

関連記事

PAGE TOP