ヨガアドバンス・コース大詰めです

リラヨガ・インスティテュートが主催する全米ヨガアライアンス認定のティーチャートレーニング「ヨガエバンジェリスト・コース」は3つのコースに分かれています。

昨日は3つのコースの中間に位置する全8回にわたるヨガアドバンス・コースの第7回が行われました。授業のテーマはセルフ・プラクティス。どのように行えば効果的にヨガを深めることができるのか?その理論を学びます。リラヨガ式のヨガの練習を深めるためにはヨガ哲学と解剖生理学に対する深い理解が必要となります。これまでの授業で習ったことを思い出しながら、グループになってどのようなシークエンスを組んでいけばいいのかを話し合いました。「肩関節の屈曲を深めるためには、三角筋と僧帽筋、前鋸筋の筋力と、広背筋の柔軟性が必要だから・・・」、「腸腰筋を弛緩させるために相反性神経支配を使おう・・・」、そんな専門用語で自然に会話ができるようになったのも、ここまでの授業でがんばって解剖学を勉強を続けた賜物です。

IMG_0096s (2)

その後、自分の組んだシークエンスで90分間のヨガのセルフプラクティスを行いました。初めての経験だったので手探り状態だった方もいましたが、みなさん自分で組んだシークエンスを実践に移すことで確かな手ごたえをつかんだ様子でした。「自分で練習のメニューを組めるようになるって楽しい」、そんな声が聞こえました。理論を学ぶことも大事ですが、実践しないと分からないことがいろいろあるのも事実。両者のバランスが大事ですね。みなさん最終回に向けて頑張ってください。

IMG_0139s (2)

理論と実践、頭で学ぶことと身体で覚えることのバランスを重視するリラヨガ・インスティテュートのティーチャートレーニング。
次回は4月に開講します。興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

リラヨガスタッフ

関連記事

PAGE TOP