メディカルヨガインストラクター養成コース第四回レポート

こんにちは!リラヨガスタッフの川上です。
5月らしい晴れ晴れとした日が続いて気持ちがいいですね!

先日12日に行われたメディカルヨガインストラクター養成コースでは自律神経にアプローチするアーサナを学びました。自律神経が乱れてしまうと、自律神経失調症や、パニック障害、うつ病などを引き起こします。平成26年の厚生労働省の調査ではうつ病などの気分障害で医療機関を受診した総患者数は110万人で、生涯に一度はうつ病になる人は15人に1人もいるそうです。

今回のコースでは、自律神経を整えるために高齢者や障碍者にヨガを指導する時に必要な軽減方法はもちろん、ストレスで心が病んでしまった時にストレスマネージメントを自分で行う方法も勉強しました。

講師の乳井真介先生によると、なんと姿勢一つで人は前向きになったり、落ち込んだりするんだそうです。普段の姿勢をちょっと意識するだけで前向きになって、やる気に溢れ、元気になるなんてすごくないですか!?私はこの事実を知って驚愕しました。私は自分のネガティブな性格が嫌いでしたが、これまでは性格だからしょうがないと思っていました。でも、自分がネガティブだったのは性格ではなくて姿勢のせいだったとは・・・。今回のコースで学んだ自律神経に対するヨガのアプローチを使って、しっかりと前向きな人生を楽しんでいこうと思います。

IMG_0072s

さらに、オンライン講座ではアロマセラピーを勉強することで交感神経を優位にする作用、副交感神経を優位にする作用の精油も学びます。その人の症状や悩みに合わせた香りをブレンドし、ホルモンバランスを整える作用のものがあるので、心や身体に疲れが蓄積する前に癒すことができます。

私もぐっすり眠りたい日や、リラックスして過ごしたい日はラベンダーの精油を使ってみたり、花粉症で鼻が詰まって辛い時はティートリーの精油、気分をリフレッシュさせたいときはペパーミントを湯船に少し入れたり、アロマを楽しんでいます。アロマセラピーの講座は自分のため、大切な人のためにも知識を深められるので本当にためになります。ヨガとアロマの相乗効果でいろんな方にアプローチができそうです(^^

川上由佳理

7月開講メディカルヨガインストラクター養成コースの詳細はこちら

関連記事

PAGE TOP